サロンと医療機関の脱毛法を比較

サロンと医療機関の脱毛法を比較 エステサロンで受けられる施術は「光脱毛」というもので、特殊な光で毛根組織にダメージを与え無駄毛が生えにくくする、減毛という効果を発揮します。光を肌に照射すると毛根部分に熱エネルギーが集まり無駄毛を生やす機能を衰え、自己処理の負担を軽減することが可能です。
一方、美容皮膚科や美容外科といった、医療機関で受けられるのは「レーザー脱毛」という施術です。肌にレーザーを当てて、レーザーの熱エネルギーで毛根にダメージを与えます。このように聞くとエステと同じような施術と思われるかもしれませんが、レーザーはただ単に毛根にダメージを与えるだけでなく、毛根自体を熱で破壊して無駄毛を処理します。1度、破壊された毛根組織は時間が経過しても、再生することはありません。ですので、レーザーでの施術は半永久的に無駄毛が生えにくくなる、永久脱毛の効果があるのです。比較してみるとエステサロンの場合は減毛作用、医療機関での施術は永久脱毛という効果に違いがあることが分かります。

快適に過ごせるvio脱毛も検討

快適に過ごせるvio脱毛も検討 脱毛の施術を行う部位の中で、一番抵抗があるといえばvioではないでしょうか。日本女性にはまだ馴染みのないvio脱毛ですが、海外ではすでに常識となっていて処理していない方が恥ずかしいとさえ思われているようです。
見た目が美しくないという理由だけで行うのではなく、実は衛生面でメリットがあったり快適に過ごせるというメリットもあるので、積極的に処理を検討してもらいたい部位なのです。排尿や排便、生理などで不潔になりやすい部位なのに、さらにムダ毛が生えていることで蒸れやすくなり不衛生な環境を生み出しています。薄くしたりあるいはツルツルに処理することで、蒸れを軽減させ清潔に保つことが出来るようになるでしょう。もちろん、見た目もすっきりとし水着や下着からのはみだしも気にする必要が無くなるので安心です。自己処理では伸びてきた毛先がチクチクしますが、脱毛の施術を受ければそのような不快感もなくいつでも綺麗な状態を保つことが出来ます。