脱毛を受けた当日はお風呂に入れるか

脱毛を受けた当日はお風呂に入れるか 脱毛を受けた当日にお風呂に入ることは、サロンやクリニックでは避けるのが望ましいと言われています。
脱毛の施術後は、皮膚にレーザーの熱がこもっている状態なので、熱いお湯につかると熱がさらにこもり、肌に悪い影響を及ぼす可能性があるとされています。
また、湯船には雑菌が存在しており、施術当日の肌は敏感になっているため、雑菌による刺激を受けやすく、化膿などの原因になる場合もあるので注意する必要があります。
当日はぬるめのシャワーを浴びたり、体を洗うことは可能ですが、施術した部位をスポンジやタオルでこすることは避けるほうが良いです。
体を洗う際は、よく泡立てた石鹸やボディソープを手にとって優しく洗い、弱めのシャワーで洗い流すのが望ましいとされています。
翌日からお風呂に入ることはできますが、肌はデリケートな状態が続いているため、ぬるめのお湯に短時間で入ることからはじめて、温度を徐々に上げていくのが理想的です。
もし、お風呂に入って肌に異常が見られた場合は、サロンやクリニックにすぐに相談することが大切です。

脱毛後のお風呂について

脱毛後のお風呂について 脱毛後のお風呂について、その日の夜は浴槽には浸からないことです。なぜかというと、脱毛の施術をした肌というのは、大変弱い状態になっています。
肌の内側には熱を持っている状態なので、見た目にはわかりませんが、温度を高くしてしまうと、肌の内側の炎症はひどくなります。
素肌の内側は見えないですが、施術後は大変ナイーブな状態、熱はこもっている状態です。だから入浴は温度を上げるので、余計に良くはありません。
お風呂は浴槽には浸からないこと、しかし素肌の清潔さは大切であるために、シャワーを利用することです。
シャワーは温度の高くはない、ぬるま湯のシャワーで清潔にしましょう。肌はとても弱くなっているため、ゴシゴシと擦らないということも必要です。
皮膚の表面は施術により弱くなっているため、皮膚はこすることはなく、シャワー利用により洗い流すだけ、そして高温でのシャワーは控えましょう。そのあとは清潔なタオルでオフをして、スキンケアをしましょう。